結婚にかかる費用・内訳・相場まとめ

結婚にかかる費用・内訳・相場まとめ

結婚には非常に多くのお金が掛かります。結納、婚約指輪、結婚式、披露宴、二次会、新婚旅行等々・・・。これから結婚を控えているカップルにとって一体いくらくらいお金がかかるのか、とても気になるところですよね。この記事では最近の結婚にかかる費用の相場や内訳について調べたことをまとめました。ぜひ今後のブライダルプランにお役立てください!

結婚にかかる総額費用の平均相場は?

結婚にかかる総額費用の平均相場は?

婚約から結婚式、新婚旅行すべてにかかる平均金額は450万円と言われています。その内、結婚式にかかる費用が350万円と言われています。地域などによっても異なるようで、極端に安い例では100万円未満、高い例では1,000万円以上掛けている方もいるようです。450万円は非常に大きい金額ですが、実際にはご祝儀や親の援助等で実質かかる金額は200万円前後を想定しておくと良いでしょう。

結婚費用の内訳は?

結婚費用の内訳

結婚には婚約、披露宴、新婚旅行など様々な場面で費用が発生します。下記が内訳になります。

結納・結納式・・・100万円~

結納式では式会場の費用がかかりますし、結納金の相場は100万円と言われています。最近では結納式を行わず、顔合わせの食事会等で済ませるケースも多いようです。お互いの家柄等もありますので二人で相談して決めましょう。

婚約指輪・・・30万円~

婚約指輪といえば給料の三か月分なんて言いますよね。今の相場は30万円前後が相場のようですがこれも好みによって異なりますよね。

式・披露宴・・・350万円~

お料理代、お飲物代、ウェディングケーキ、衣装、ヘアメイク、会場装花、招待状、撮影、司会者、などなど。やはり披露宴にはお金がかかりますね。

新婚旅行・・・60万円~

新婚旅行の飛行機代、ホテル代を含めた旅費は60万円くらいが相場のようです。やはり人気はヨーロッパやバリ、ハワイなど。沖縄、北海道等、国内旅行で済ませる方も多いです。お土産代も忘れずに。

男女の負担する費用の割合は?

男女の負担する費用の割合は?

男性、女性、の費用の割合が5:5で折半する形が多いようです。夫婦になる二人な訳ですから同じ財布になると考えれば自然なことかもしれません。中には男性6:女性4というケースもあります。嫁に行くのだから男性の方に少しは多く出してほしいという気持ちもありますよね。極端な例では男性が全額支払うケースもあります。これも将来財布が一緒になると考えれば良いかも?

結婚時の貯金額の平均相場は?

貯金額は年齢によっても異なるのでまちまちですが、新生活にはなにかとお金がかかるため、ある程度の貯金は蓄えておきたいですよね。貯金額の平均相場は男女それぞれ200万~300万円くらいのようです。もちろん貯金がほとんどなくても結婚を考えるカップルもいます。前述の通り結婚にかかる費用は安く抑えることも出来ますし、親からの援助やご祝儀などを費用に充てられますからね。

親の負担、援助は?

親からの援助や負担は家によってそれぞれです。まったく援助しないケースもあれば全額負担するケースもあります。相場としては50~100万円くらいの援助が多いようです。逆に自分たちのやりたいように結婚式を行いたいという理由で援助を断るケースもあります。親としては自分の子供の晴れ舞台ですから援助したいという気持ちは当然あると思います。どちらにせよ親の援助はなるべく当てにせず、自分たちで費用を負担できるように予算が考えたほうが良いと思います。

親の援助に贈与税はかからないの?

贈与税は年間110万円までは非課税になります。この金額を超える贈与があった場合、贈与税の申告が必要になるので注意が必要です。やはり前述の相場の通り、援助は100万円までにしておいたほうがよさそうです。

ご祝儀の総額の平均相場は?

ご祝儀の総額の相場は210万~240万と言われています。単純に計算すると『70名~80名×3万円』ですね。もちろん披露宴の規模等によって異なります。招待客や年齢によって差が生じてきますね。学生結婚だったら周りの招待客もあまり包めないと思いますが熟年結婚だと皆さまそれなりの地位についていますから。その分、式にお金をかける必要もありますが。。。

ご祝儀に税金はかかるの?

ご祝儀は一見税金がかかるように思いますが、「世間の相場等からみて社会通念上相当とみられる金額は非課税」となり、贈与税や所得税として申告する必要はありません。税務署って厳しいイメージですがなかなか粋な計らいもするんですね。

まとめ

いかかでしたでしょうか。一概に結婚費用といってもピンキリですね。また発生する費用と実際にかかる費用は異なることが解りました。最近ではレストランウェディングなど小規模な式も流行っていますが、結婚式は一生に一度の大イベントですので出来ればお金をかけて盛大に執り行いたいですよね!是非一生の思い出に残る結婚式・新婚旅行になるよう、プランを立ててください!結婚の流れに関する記事も併せてご参考くださいm(_ _)m。